Home » 芸スポ速報+ » 【野球】大谷翔平の負傷の原因が…

【野球】大谷翔平の負傷の原因が…

1: ばーど ★ 2018/05/01(火) 11:48:09.61 ID:CAP_USER9
・4月27日のヤンキース戦で、走塁中に左足首を捻挫したエンゼルスの大谷翔平
・地元テレビ局の司会者が、ベースの素材変更を呼びかける事態となっている
・メジャーのベースは強化ゴムでできており、これまでも故障者は出ている
■大谷はニゴロで一塁ベースを踏んだ際に足首捻挫「変更できないのか?」27日(日本時間28日)のヤンキース戦で走塁中に左足首を捻挫したエンゼルスの大谷翔平投手。28、29日(同29、30日)と2試合連続でスタメンから外れ、5月1日(同2日)の本拠地オリオールズ戦で予定されていた先発登板を回避することも正式決定した。今季のメジャーリーグの主役に降りかかったアクシデントを受け、地元テレビ局の司会者がベースの素材変更を呼びかける事態となっている。まさかの故障だった。27日のヤンキース戦。2回の第1打席で開幕投手のセベリーノから右翼へ4号先制ソロを放っていた大谷は、5回の第2打席は二塁へのゴロに。一塁へ全力疾走したが、ヤンキース一塁手のニール・ウォーカーはベースの真ん中に立っていた。加速していた大谷は、衝突を避けるように両手を前に出しながらベースの隅を走り抜けたものの、結果として左足首を捻ってしまった。超満員の観衆がプレーを楽しみにしていた二刀流のスターは、負傷で2試合連続欠場。このアクシデントを受け、名物アナウンサーが声を上げた。ESPNやMLBネットワークで司会を務めるブライアン・ケニー氏が「これでマイク・トラウト、ブライス・ハーパー、そして、ショウヘイ・オオタニがベースが要因となって故障した。我々はこれを変更できないのか?」とツイッターで問題提起をしたのだ。

この場面、大谷は走る軌道を変えながら、ベースの隅を踏んだ際に足首を痛めた。エンゼルスのマイク・ソーシア監督は、本来は二塁手のニール・ウォーカーが不慣れな一塁を守っていたためにベースの中央にいたことが故障の要因になったと指摘したが、ケニー氏はベースそのものが故障の理由だとした。

■ファンも同調「ベースの高さを低くすればいいじゃないか」

メジャーのベースは強化ゴムでできており、地中に固定されているが、走者の怪我の要因となることもある。大谷のみならず、エンゼルスのマイク・トラウト内野手、ナショナルズのブライス・ハーパー外野手というメジャーの若き二大スーパースターも、走塁時にベースに関するトラブルで故障した過去があったと、ケニー氏は指摘した。

そして、走塁で怪我するリスクがあるベースを改良できないものか、と提言。返信欄には名物アナウンサーに同調する声も出ている。

「ジミー・ホッファのことも忘れてはいけない」

「マチャドも数年前に怪我した」

「アダム・イートンもだ」

「ジミー・ネルソンも忘れるな」

「ベースの高さを低くすればいいじゃないか」

「Tボール(子供向けの野球)のように平らなゴムにする必要がある」

「将来的な怪我を防ぐために安全なベースを作ることに問題は無いはず」

二刀流のスターの故障で浮上したMLBの“ベース改良論”。名物アナウンサーの提言が波紋を広げることになるのだろうか。(Full-Count編集部)

2018年5月1日 8時47分
フルカウント
http://news.livedoor.com/article/detail/14654609/

引用元:
びんたん 芸スポ・ニュース一覧





2: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 11:49:11.02 ID:7rZYBGvH0
日本でも同じ事を3回くらいやってたぞ

 

3: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 11:49:24.97 ID:w+d4yDZR0
甘やかしすぎ

 

 

人気記事(外部)

 

 

4: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 11:49:47.51 ID:rwvFxLGd0
すみません。走り込みが足りないだけ

 

7: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 11:50:19.76 ID:XXyR94yj0
そもそも大谷は前にもやらかしているし今回に関してはベースのせいじゃないよ。

13: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 11:52:06.79 ID:9soFevKM0
走って踏まなきゃいけないのに段差があるって面白いよな





16: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 11:52:36.45 ID:TP+/WjOy0
ベースを蹴って方向変換するんじゃないの?
高さを低くしたらできなくなりそうだが問題ないの?

 

23: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 11:55:40.67 ID:haa/97M20
>>16
1塁に限って言えば真っ直ぐ駆け抜ける事の方が多いので、低くした方が良い気はする。2、3塁についてはその通り。

 

17: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 11:53:00.33 ID:WpD5UnmZ0
ホームみたいなペラペラはあかんの?

 

22: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 11:55:17.55 ID:/F9JmumP0
>>17
滑り込んだら通り過ぎてダメなような気がする

 

19: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 11:53:39.55 ID:EAJjAebv0
他の選手は適応してるんだしな

 

21: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 11:54:07.24 ID:B5ePj1iG0
若いから故障も回復するけど
積み重なったら終わるよ





27: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 11:56:30.69 ID:PvDNEaJT0
ベースをなくせばいいじゃん バカなのか?
絵かいとけよ

 

164: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 12:34:47.34 ID:dEOXyr040

>>27

ベースボールじゃなく、アートボールになるじゃねえか

 

28: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 11:57:35.02 ID:biYsMsRo0
センサーとカメラ判定だらけにすれば良い

 

34: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 12:00:00.00 ID:CnPuFXuW0
高さ低くしてついでに電子システム導入でいいじゃん

 

38: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 12:01:17.82 ID:DZefpwzU0
打者が走ってくるのが分かってるのに、ベースの真上にどーんと構えてる野手は馬鹿なの?

 

87: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 12:16:16.35 ID:BknPppCY0
>>38
打者走者がベース上を駆け抜けるのに守備側がベースを踏みながら捕球しないとフォースアウトにならないルールを考えた奴が馬鹿

 

53: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 12:06:59.03 ID:x1cOAt7x0
他の選手も同じものでやってるし替える必要はないだろう





60: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 12:08:10.23 ID:c91rusbX0
>>53
他の選手もケガしてるって話だぞ…

 

55: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 12:07:20.04 ID:ldv4sn/t0
強化ゴムとは、また固い素材だな。

 

89: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 12:16:38.01 ID:6mI4OFex0
二刀流やってる限り大谷の足首は何度でもやらかすよ
足首をいたわりたいならどっちかに絞れ

 

106: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 12:20:18.33 ID:SRPXq2lR0
これだったら
こうなってないやろ

 

110: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 12:22:31.43 ID:/PZr/v3S0

>>106
改めて見ると、ヤンキースの1塁手ひでえ塁の踏み方だなw

普通端っこに触るだけだろ

 

116: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 12:23:47.73 ID:NRux3VDX0
確かに一塁だけ埋める。これメチャいいじゃん。やらない理由ないだろ

 

144: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 12:29:35.74 ID:AjUNmux90
盗塁するときは塁を離れているんだから、塁の段差は必要ないな。
タッチ感応複式点灯ベースがいいかもな。





193: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 12:42:54.39 ID:sDuzvQyP0
ベースなんて有っても無くても怪我する奴は怪我するんだよ
それがたまたま大谷翔平

 

209: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 12:49:03.82 ID:aQdhBdDX0
まあベースが低けりゃ捻り角度も浅くなるからな

 

51: 名無しさん@恐縮です 2018/05/01(火) 12:06:41.76 ID:kfBHIjL40
現実に大谷以外にも怪我してる奴いるし、今後もあり得るのなら改善すべきだろ
人気記事(外部)

 

 

 





, , , , ,

コメントを残す

RSS 他サイトの新着記事

RSS 他サイトの新着記事

RSS 特選記事(外部)